企業が運転免許の取得をサポートしてくれることはあるのか?

企業の支援制度を使ってお得に免許取得を目指そう!

運転免許はどうやって取る?

ドライバーが必要である企業では特に、社員が安心して免許を取得できるようサポートを行っているところが多いです。 それが「免許支援制度」というもので、企業によって様々な支援を行っています。 このページでは、2つの企業の例をご紹介します。 どのようなサポートが受けられるのかを具体的に見てみましょう。

こんな支援も!企業の免許支援制度とは

東京など、大都市に暮らしている特に若い人は、最近では自動車運転免許を持っていないという人の方が多いように感じられます。
電車やバスなどの公共交通機関が発達しており、わざわざ免許を取らなくとも移動に困らない、という風に考えるからでしょうか。

しかし、運転免許証は身分を証明してくれる大切なものですし、何より車を運転できるだけで自分のキャリアアップに繋がる場合もあります。
仕事以外のプライベートでも、旅行先でレンタカーを借りる機会は多くあると思いますし、車の方が早くて便利、というケースもありますよね。

そんな運転免許は、合宿免許と通学免許の二通りで取得することができます。
合宿免許は、文字通り施設に宿泊しながら免許の取得を目指す方法で、集中して早めに取ってしまいたいという方向けです。
費用は比較的安く済みますが、まとまって2週間ほどの休みが必要です。

通学免許は、教習所に通いながら取得を目指す方法です。
こちらは、時間が限られている主婦の方、社会人の方向けです。
好きな日、時間を選んで教習所に行くことができるので、自分のペースで教習を受けられることが利点です。
しかし、少々費用が高い傾向があり、取得までに時間がかかります。
どちらの方法にもメリットとデメリットがありますから、費用を抑えたい、マイペースに通いたいなど、自分が最も優先したいことを基準に選びます。

では、すでに就職している方がこれらの方法で運転免許を取る場合、会社はなにかサポートをしてくれることはあるのでしょうか?
今回は、企業が社員の運転免許取得への支援をしてくれるのか、またどのような支援を行ってくれるのかをご紹介します。

ペーパードライバーなら参加したい!講習会

免許は、たったそれだけであなたを証明してくれる大切な証明書です。 しかし、昨今では車を運転するという機会が減ってしまい、いわゆるペーパードライバー状態の方も少なくないのではないでしょうか。 最近企業では、そんな方のための安全講習会を行っています。 どのようなものなのかをこのページでご紹介します。

企業に対する支援をしているところも!

これまでは、企業から社員に対しての支援についてを見ていきました。 最後に、そういった支援を行いたいけれど、どうすればよいか分からない、という企業に向けた支援を行っているサービスについてをご紹介していきます。 もちろん個人であっても、ぜひ一度読んで参考にしていただければと思います。